甲子園球児になるための
冬休み静岡硬式野球合宿2017

コーチ・スタッフ

 

前田幸長  

投手コーチ
前田 幸長
福岡第一高(福岡) → 千葉ロッテ('89〜'95) → 中日('96〜'01) → 巨人('02〜'07) → テキサス・レンジャース3Aオクラハマ('08)

福岡第一高のエースとして、88年に春夏連続甲子園出場し、夏の甲子園では準優勝。同年、ドラフト1位でロッテに入団。プロ1年目から一軍で登板し、先発投手として活躍。西武の主砲・清原和博選手と幾度となく名勝負を演じた。95年オフに中日ドラゴンズに移籍し、中継ぎを中心に99年のリーグ優勝に貢献。その後、01年オフにFA宣言し、読売ジャイアンツに移籍。主にセットアッパーとして安定した力を発揮し、02年の日本シリーズ制覇に貢献。08年巨人に退団を申入れ、米メジャーリーグ挑戦。テキサス・レンジャーズとマイナー契約を交わし、3Aオクラホマで活躍し、同年現役引退。現在はタレントや野球解説者として活躍中。

成績
595試合 78勝110敗9セーブ 防御率4.17
オールスターゲーム出場1回 ('92)

 

屋鋪要  

野手コーチ
屋鋪 要
三田学園 → 横浜大洋ホエールズ('78〜'92) → 横浜ベイスターズ('93) → 読売ジャイアンツ('94〜'95) → 読売ジャイアンツ外野守備走塁コーチ('98〜'99、'04〜'05)

77年、ドラフト6位で大洋(現横浜)入団。類稀な俊足選手で、高木豊選手・加藤博一選手と「スーパーカートリオ」として活躍。94年、読売ジャイアンツに移籍。長嶋監督初の日本一に貢献。西武との日本シリーズ第2戦の守備では、低い当たりのセンターライナーをダイビングキャッチしゲームセット。そのシーンは多くの巨人ファンを感動させた。95年、現役引退。

成績
1628試合 1146安打 .269率 375点 58本
盗塁王 3回 ('86〜'88)
ゴールデングラブ賞 5回 ('84〜'88)
オールスターゲーム出場 ('87)

指導歴
98年から通算4シーズンにわたり、読売ジャイアンツ外野守備走塁コーチを歴任。現在は全国で、年間30ヶ所以上の野球教室を開催するとともに横浜・栃木・埼玉・新潟・青森では少年野球大会の「屋鋪杯」を開催。豊富な指導経験と上手さに定評があり、現在も野球教室開催団体から多数のオファーあり。そのほか野球解説者やマスターズリーグの東京ドリームズで活躍中。

ページトップへ