社会人硬式野球クラブチーム

横浜BBCスカイホークス (神奈川・大和市)

指導者・スタッフ

 

齋藤一也   監督
副島 孔太
桐蔭学園 → 法政大 → ヤクルト → オリックス

少年野球(シニアリーグ)時代から日本代表として活躍。その後、高校2年、3年の夏の甲子園に連続出場。3年生に高木大成選手(元西武)、1年生に高橋由伸選手(現巨人)を擁して旋風を起こし、この年の甲子園3回戦ではラッキーゾーンへのホームランを放つ。 法政大学時代は、スラッガーとして活躍。96年の全日本大学 選手権で東北福祉大学を破って学生日本一となり、同年のドラフトでヤクルトに入団。01年の日本シリーズの第4戦で、決勝ホームランを放ちチームの日本一に貢献。ヤクルトで活躍後、02年オリックスに移籍し、04年現役引退。

 

鈴木大樹  

野手コーチ・センター長
鈴木 大樹
東大附属高 → 国士舘大 → 常磐大コーチ

高校卒業後、国士舘大学体育学部に進学し、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)取得。大学在学中に、母校高校軟式野球部のコーチ、監督として関東大会に2度出場。大学卒業後には常磐大学硬式野球部のコーチに就任し、関甲新学生野球連盟1部リーグ昇格を果たす。その後、同大学事務職員(入試広報課)を経て、当社入社。

 



内藤尚行   投手コーチ
内藤 尚行
豊川高 → ヤクルト → 千葉ロッテ → 中日

愛知・豊川高校から87年ドラフト3位でヤクルトスワローズに入団。1年目から1軍に抜擢され、2年目からはリリーフ投手として活躍。89年には12勝8セーブを挙げオールスターゲームに出場。野村克也監督が就任した90年と翌年の91年には開幕投手を務める。93年9月、優勝がかかった中日戦では延長15回無死満塁で3者連続三振を奪い、ヤクルトファンの語り草となった。95年に千葉ロッテ、96年シーズン途中に地元の中日に移籍。97年、現役引退。成績:195試合 36勝29敗26セーブ 防3.96



船場悠佑   トレーナー
船場 悠佑
都立雪谷高 → 帝京平成大 → 帝京短期大

高校卒業後、帝京平成大学で鍼灸師を、その後の帝京短期大学では柔道整復師を志し、鍼灸師・柔道整復師の国家資格を取得。現在は、東京・大田区の太陽鍼灸整骨院の副院長として活躍。2015年4月、BBCスカイホークスのトレーナーに就任。
 

平林豊   トレーナー
平林 豊
横浜商 → 南ミシシッピ州立大(米国)

高校卒業後に米国へアスレティックトレーニングを学ぶため留学。大学在学中は、同校硬式野球部の専属トレーナーとして担当し、NATA(全米アスレティックトレーニング協会)認定アスレティックトレーナーの資格を取得。08年、MLBテキサス・レンジャーズの春季キャンプトレーナーを経て、09年、MLBカンザスシティー・ロイヤルズにて、日本人選手の専属通訳兼トレーナーを歴任。帰国後は野球障害のケアやトレーニング方法の指導を行っている。

  

資料ダウンロード お問い合わせ 電話申込み
ページトップへ