【東京開催】元MLBトレーナーが伝授!

 ピッチャーの為の動作分析&トレーニングセミナー

募集概要

動作分析により投手の悩みを解決!

メジャーリーグ球団のトレーナーとして活躍した講師が、最先端の動作解析技術に基づいて、投手のための理想のフォームや傷害予防のトレーニング方法を徹底指導。スピードボールを投げるための身体の使い方や、肩や肘に負担のかからないフォームなどを豊富なデータを基に紐解いていきます。ピッチングスキルを上げたい現役選手や、投手への指導法や投手力の低下に悩む指導者、トレーナーには必見のセミナーです!

 

開催日時
2017年1月29日(日) 10:00〜18:00 (9:30受付開始)
開催場所

グイーン東京(BBC東京オフィス)

住所: 東京都江東区大島7-38-34 大島岡田ビル2F
交通: *都営新宿線 東大島駅 徒歩5分

アクセス詳細はこちら》

対象者

・野球少年や高校球児を持つ保護者や指導者
・小学生から大学、社会人、クラブチーム、草野球などで活躍する野球選手
・野球少年や高校球児をサポートするチームトレーナー
・野球選手などと個人契約するパーソナルトレーナー
・スポーツトレーニングを勉強中、またはトレーナーとして活動したい方
・接骨院や整骨院、スポーツジムなどで活躍中の医療従事者の方

内容

【第1部】選手育成システムと怪我予防

・ダイヤモンドバックスのトレーニング哲学

・レンジャースのチームドクターが運営する「理学療法クリニック」

・MLB発投球プログラム(Pitch Smart)について

・肩/肘が痛くなった場合のスクリーニング術

・投手のためのダイナミックウォーミングアップ

 

【第2部】ピッチング動作分析

・動作分析の際に気を付けるポイント

・3次元動作解析に基づいた分析法

・ビデオは止めて「診る」

・即席投球ビデオ分析

・怪我を起こしにくい投球フォーム

・コントロールアップにつながる投球フォーム

 

【第3部】分析結果から考えるトレーニング

・肩甲骨のトレーニング

・投手に特化したストレングストレーニング

・アームケア全般

・ピッチングと呼吸の関係性

講師

大貫 崇 MS, ATC, CSCS, PES, PRT

NATA公認アスレティックトレーナー
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
NASM公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト
PRI姿勢回復スペシャリスト

スタッフ
3名程度のスタッフがセミナー運営をサポート
受講費用
一般 10,000円(税込)  学生 9,000円(税込)
申込期限
2017年1月27日(金)
定員に達したため、募集を終了させていただきました。
申込状況
ピッチャーの動作分析・トレーニングセミナー 現在
  住所 属性 性別
1 神奈川 柔整師 男性
2 東京 保護者 男性
3 神奈川 指導者

男性

4 埼玉 その他 男性
5 神奈川 鍼灸師 男性
6 東京 指導者 男性
7 埼玉 鍼灸師 男性
8 神奈川 指導者 男性
9

埼玉

柔整師

男性
10 岐阜 理療士 男性
11 新潟 トレーナー 男性
12 神奈川 指導者 男性
13 東京 トレーナー 男性
14 東京 指導者 男性
15 東京 理療士 男性
16 神奈川 トレーナー 男性
17 神奈川 柔整師 男性
18 千葉 トレーナー  男性
19 石川 理療士 男性
20 東京 理療士 男性
21 群馬 トレーナー 男性
22 栃木 トレーナー 男性
23 栃木 理療士 男性
24 群馬 指導者 男性
25 東京 その他 男性
26 大阪 トレーナー 男性
27 広島

理療士

男性
28 東京 理療士 男性
29 長野 保護者 男性
30 山梨 鍼灸師 男性
定員人数

30名

スケジュール
09:30〜10:00 受付
10:00〜11:30 講義(前半)
11:30〜13:00 実技(前半)
    昼食  
14:00〜15:30 講義(後半)
15:30〜17:30 実技(後半)
17:30〜18:00 質疑応答
持参物
筆記用具、動きやすい服装、室内履きの運動靴


セミナー講師

onuki  

元MLB球団アスレティックトレーナー

大貫 崇 MS, ATC, CSCS, PES, PRT

桐蔭学園 → タウソン大学 → フロリダ大学大学院

 

神奈川県・桐蔭学園高校を卒業後、渡米。タウソン大学アスレティックトレーニング学科を卒業後、高校でヘッドアスレティックトレーナーとして働きながら06年にフロリダ大学大学院で応用運動生理学の修士号を取得。その後MLBレンジャースのインターンとして働き、NBA D-Leagueのフォートワース・フライヤーズでヘッドアスレティックトレーナーとして勤務。理学療法クリニックにおいてアスレティックトレーナーとしてニューヨークやテキサスで計5年間勤務したのち、マイナーリーグアスレティックトレーナーとしてMLBダイアモンドバックスと契約。13年に帰国後は株式会社リーチに所属し、翌年9月より京都に投球ビデオ撮影ができるラボを開設し、アメリカの研究文献に基づく投球ビデオ分析サービスBMATを開設。日本の野球選手が幸せにプレーできるよう、野球障害予防とコンディショニングに力を入れている。


セミナー会場

a

  a
トレーニングルーム   セミナールーム
     

 

ページトップへ