野球普及活動


ベースボールコミュニケーションでは「For The Baseball」を経営理念に掲げ、野球のために何ができるか、野球少年や野球選手のために何ができるかを考え、野球普及活動に取り組んでいます。

野球普及活動の基本理念
明るい社会の実現に向けて、野球界の発展・普及活動を実践する

東日本大震災の被災地に野球道具をお届け (2011年5月)

茨城ゴールデンゴールズ・片岡安祐美監督らが中心となり活動する「被災地の子供たちに野球道具を送ろう!」に賛同し、BBC野球教室の江戸川臨海校と葛飾奥戸校の選手や保護者から提供いただいた野球道具を、東日本大震災の被災地にお届けしました。今、野球ができることに感謝し、被災地の一日も早い復旧・復興と、野球少年や野球少女たちに笑顔が戻ることを願っています。 詳しくはこちら≫

野球普及活動 野球普及活動
   
野球普及活動 

野球普及活動


東京・杉並第四小学校の体育の授業で野球を指導 (2010年7月)

東京・杉並区体育協会から委託を受け、杉並区立第四小学校で野球教室を開催しました。小学3年生〜6年生の各学年を対象に、野球の楽しさを知っていただくために、体育の授業で野球を指導しました。 詳しくはこちら≫

野球普及活動 野球普及活動
   
野球普及活動 

野球普及活動



  
野球普及活動 野球普及活動

障害者野球教室を開催 (2010年1月)

当社主催の冬休み葛西臨海公園少年軟式野球合宿の開催と同時に、東京都江戸川区の江戸川臨海球技場にて、障害者野球教室を開催しました。千葉ロッテ・マリーンズで活躍中の今江選手をコーチにお招きし、聴覚障害や軽度の脳性麻痺を患う10歳から55歳までの選手たちは、熱心に野球を取り組みました。練習が終わると即席のサイン会が開催され、今江選手からの直筆サインに感激していました。障害者野球教室のコーチを引き受けて頂いた今江選手や、教室運営に協力していただいたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。今後もこのような機会を増やし、野球界の発展・普及活動に努めていきたいと思います。

野球普及活動 野球普及活動
 

  
野球普及活動 野球普及活動
ページトップへ