スポーツビジネスの「プロ」になる!
アメリカ大学スポーツマネジメント留学

留学概要

  • スポーツビジネスの「プロ」になる!アメリカ大学スポーツマネジメント留学
  • スポーツビジネスの「プロ」になる!アメリカ大学スポーツマネジメント留学
  • スポーツビジネスの「プロ」になる!アメリカ大学スポーツマネジメント留学
  • スポーツビジネスの「プロ」になる!アメリカ大学スポーツマネジメント留学
  • スポーツビジネスの「プロ」になる!アメリカ大学スポーツマネジメント留学
  • スポーツビジネスの「プロ」になる!アメリカ大学スポーツマネジメント留学
  • スポーツビジネスの「プロ」になる!アメリカ大学スポーツマネジメント留学
  • スポーツビジネスの「プロ」になる!アメリカ大学スポーツマネジメント留学
  • スポーツビジネスの「プロ」になる!アメリカ大学スポーツマネジメント留学
  • スポーツビジネスの「プロ」になる!アメリカ大学スポーツマネジメント留学

スポーツビジネスの「プロ」として、野球の普及と発展に貢献する!

近年、日本人メジャーリーガーの活躍により、メジャーリーグは大変身近なものになりました。テレビをつければ日本にいながらにしてメジャーリーグの試合を生中継で観戦できるし、街に繰り出せばメジャーリーグのグッズを簡単に手に入れることもできるようになりました。そして、日本人の多くが「いつかはメジャーリーグを現地で観戦したい」と思うほど、メジャーリーグにはファンを惹きつける魅力があります。しかし、世界中のファンを魅了し続ける理由は、決して選手の活躍だけではありません。その背景には、様々な分野で働く、メジャーリーグチームの球団職員の存在があります。GM、スカウト、通訳、広報、代理人、会計士・・・。それぞれの分野の精鋭たちが集結し、「プロ集団」として、チームの運営にあたっているのです。「ビジネス」と「スポーツ」。その両者を学ぶのが「スポーツマネジメント」です。スポーツ大国アメリカでスポーツマネジメントを学び、スポーツを内側から支える「プロ集団」の1人を目指せるのが、アメリカ大学スポーツマネジメント留学です。

スポーツマネジメントとは

プロスポーツチームや企業のイベント企画、商品開発、市場調査、予算編成、人事編成、事業の評価、会計、商標管理などこれら全てに関わる分野がスポーツマネジメントです。野球に限らず、あらゆるスポーツ種目において圧倒的なアスリートの数とファンを誇るアメリカ。各競技が生み出す高い興行収入の仕組みも、世界から注目を浴びている「スポーツ先進国」として知られています。そのアメリカの大学や大学院でスポーツマネジメントを学んだ専門家学生は、専門知識とスポーツ界のネットワークを生かしさまざまなフィールドで活躍することができます。

.

野球チームにみられるスポーツマネジメント人材の役目

.

進路例① 代理人

  • 近年、野球だけでなくスポーツ全般で耳にすることが多くなったスポーツ代理人。選手がプレーに専念できるように、代理人が窓口となり、交渉や契約を行います。またメディア出演や用具メーカーとの契約などもおこないます。

.

進路例② 国際スカウト

  •  
  • 球団所属のスカウトは、チーム編成の大きな役割を占める重要な仕事です。一般的に、元プロ野球選手がその経験を生かしてスカウト活動をすることが多いですが、スポーツマネジメントを学んだ人材も、選手のスカウトに携わることができます。

.

進路例③ 球団イベント企画・運営

  • 野球場では試合だけではなく、さまざまなイベントが盛り込まれ、観客を飽きさせないような工夫がされています。球団や選手の人気を維持し高めていくためにも、豊かな発想力を求められる仕事です。

スポーツマネジメント学位を取得する

.

① 運動部の盛んな学校選び
スポーツマネジメントを学ぶにあたり、学校選びは非常に重要になります。スポーツ強豪校の場合、その施設や運営形態はプロレベルで、質の高い環境で勉強することができます。また学校周辺にプロ球団がある場合、学期中にインターン生として活動できるチャンスも広がります。
 

② 学部入学を目指す
学校によってシステムも異なりますが、スポーツマネジメント学部では、現場実習や専門知識を学ぶため、多くの科目を履修する必要があります。まずは学部入部に必要な一般教養を取得し、スポーツマネジメントの専門知識を学ぶ準備をします。2年目以降は、スポーツ法律学、スポーツにおける予算管理、スポーツ社会学、スポーツ心理学、スポーツマーケティングなど、スポーツに特化したカリキュラムが構成されています。

 

③ 現場実習とインターンシップ
スポーツマネジメント学部生の多くは、部活動のマネージャー業務やメディア業務などの補佐をおこなうことが多くあります。日本に比べ学生スポーツの市場が大きいアメリカの大学では、学生が中心となり部活動の運営に携わることができます。また、在学中は休み期間中を利用し、プロ球団でインターンシップ経験を積むことで、卒業後の就職の可能性を広げることができます。近年ではメジャーリーグ球団で仕事のチャンス
を得るために、インターンシップの経験が必須とされています。

.

.

▲ページのトップへ