【軟式・硬式、小3~小6、平日3日間】
新入学・新学年直前 春休み大阪特別野球教室2017

コーチ・スタッフ

総合コーチ

山上 和志 (やまがみ かずし)
泉州高(現 近大泉州) → 日本生命 → 同コンディショニングコーチ
 

小学6年生では、ボーイズリーグ(硬式チーム)の三塁手と投手として活躍し、春季全国大会優勝や秋季関西大会準優勝に貢献。中学からは投手として活躍し、2年生の春に全国大会ベスト4、3年生の夏には中学日本代表(JAPAN)としてアメリカ遠征で第1回世界大会優勝を経験。進学先の泉州高校では、エースでキャプテンとして大阪府大会ベスト8進出。その後、社会人野球強豪チーム・日本生命に入社し、内野手、捕手として活躍。都市対抗野球大会優勝3回、日本選手権大会優勝1回・準優勝1回、東京スポニチ大会優勝1回などに輝く。9年間の現役生活を終え、7年間に亘りコンディショニングコーチとしてチームに貢献。

.

コーチ

佐々木 弘史 (ささき ひろふみ)
秋田商 → 横浜商大 → パナソニック

中学校時代は野球部に所属し、秋田県大会優勝。野球の傍ら柔道とレスリングにも注力。どの競技に進むのか迷ったが、甲子園の夢を追いかけ秋田商業へ入学。2年時に3番ファーストで夏の甲子園に出場。3年春はキャプテンとしてセンバツ甲子園出場し、前田健太投手(現ドジャース)擁するPL学園に敗退するもベスト8進出。甲子園通算17打数9安打の.529、高校通算32本塁打をマーク。その後、横浜商大に進学し副キャプテンとして活躍。社会人野球はパナソニックに就職し、主にDHや代打の切り札として都市対抗野球・日本選手権出場に貢献。 甲子園での活躍の動画はこちら≫

.

▲ページのトップへ